女性の転職と男性の転職

就職と結婚は似ていると良く言われます。上手な就職、転職のポイントについて簡単に紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事と結婚は似ている

仕事と結婚は良く似ていると思います。
結婚とはいっても「見合い結婚」でしょうか。
お互いの「釣書」代わりの「履歴書」や「会社案内」などを見て、どんな人かどんな企業かを判断する。
お互いに気に入れば「結婚」、「就職」「採用」を前提にお試しのお付き合いが始まります。
「試用期間」です。
これも期間を決めて、ズルズル長期間に渡らないようにします。
目的は「結婚」、「就職」「採用」ですからこの使用期間はだいたい3ヶ月程でしょうか。
この期間にお互いが見定めます。
いくら他の人から見て「良い人」と勧められたところで、実際は当人同士の問題です。
この使用期間内は企業が自分を採用するかどうかの判断をするだけでなく、自身も企業を見極める期間であることを忘れてはいけません。
そして何事にも長所があれば短所もあります。
長所と短所は裏返しだと思って良いでしょう。
人によって長所に感じる点、短所に感じる点は違ってきます。
同じことでも心地よく感じる人もいれば不愉快に感じる人もいます。
これを相性といいます。
相性は人それぞれによって違いますから、他の人の判断ではなく必ず自身の判断で決断しましょう。
よく水が合う、合わないと表現されますが、最近よく耳にする「ブラック企業」と呼ばれる企業でも、さほど苦にならず勤務している人もいますし、数ヶ月で退職する人もいます。
全ては自分の基準で判断する、ということが大切です。
そしていざ就職しても、変化は何事にも付いて回ります。
それは社会的な問題が反映されることもあれば、今まで良い面、長所だと思っていたことが短所に思えてきたりすることもあります。
これは最初の見定め方が甘かった、という考え方も出来ますがお互いに成長していく過程で起こることもあります。
最初は仕事が楽しかったけれど、続けているうちに物足りなくなった、といったケースです。
もっと自分の力を出したい、納得いく仕事がしたいと思った時に今の企業では限界を感じたりした時がそうです。
限界を感じても、それ以上を望まずに現状維持で良いという考え方の人もいます。
現状維持で満足出来る人はそのまま継続することが出来ます。
現状に満足しない人、もっと自分の力を試したいと考える人はストレスがどんどん溜まっていきますので、自分が目指すものは何かを明確にして、企業側と話し合う必要性が生まれてきます。
ですが折り合いがつかない場合、転職という選択肢が生まれてきます。
何のために転職するのか、その目的が伝わればスムーズな転職活動に繋がると思います。

Copyright (C)2017女性の転職と男性の転職.All rights reserved.