女性の転職と男性の転職

アルバイトやパート、派遣といった雇用形態が増えたことで、簡単に転職を繰り返す人が増えてきているように思います。転職を繰り返すことのリスクについて分かりやすく説明しています
このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中に振り回されないこと

最近はちょっとしたことで会社を辞めてしまう人が増えてきました。
「団塊の世代」と呼ばれる年代の人たちの時は、職種も受け入れ先の企業も限られていて、途中で退職したり転職するといった考えではなく、同じ会社に長期勤め、定年まで勤め上げるのが「普通」だと思われてきました。
近年は「そんな仕事もあるのか」と驚くほど職種も多種多様になっており、労働形態も様々なパターンがあります。
あまりにも職種が多くなり過ぎ、またアルバイトやフリーターといった働き方が出来るようになったことで、一見仕事がしやすいように見えて長期間勤め上げる仕事に出会う機会が減ってきているように思います。
気軽に仕事が始められる代わりに、気軽に辞めてしまうことが出来るようになったのではないかと思います。
幼少期に「大きくなったら何になりたいか」と聞かれて、子供なりの夢などを口にしていたと思います。
「パン屋さん」だったり「パイロット」などという返事が聞かれたのではないでしょうか。
子どもなりのその職業に対する憧れや夢があったのでしょう。
ですが実際に働く年齢や状況になった時、夢や憧れだけでは仕事にはならないということ、仕事をすることの責任についての覚悟が必要になってきます。
この覚悟がないと、どんな仕事についても簡単に転職を繰り返してしまいます。
まずは自分が「なぜ」この仕事を選んだのか、といった目的などを明確にすることが大切です。
そしてその目的の為に必要な勉強をしてきたか、自分に問うことも必要です。
また仕事や職種によっては資格が必要なものもあります。
資格には直接的なものばかりではなく、間接的に必要な資格もあります。
必要な資格をすでに取得しているでしょうか。
もしまだでしたら早目に取得しておく方が良いと思います。
資格取得の為の勉強や、受講や受験などは出来るだけ体力もある若いうちに挑戦しておく方が時間も費用も少なくて済みます。
その仕事をすることで、自分の生活がどのように豊かになり、人間的な成長などが期待出来るのか、将来の自分の理想像などを持つことで仕事に対する意識が変わってきます。
意識が変わることで転職のタイミングや応募すべき企業などが分かってきます。
「嫌だから」という理由で転職するのではなく、「将来の自分の為に」転職をするという考え方にしなくては良い転職先もみつかりません。
何事も自分の気持ち、考え次第ということでしょうか。
世の中の流れに惑わされず、しっかりと自分の人生を築いていく姿勢が今の時代には一番必要なことなのかもしれません。

Copyright (C)2017女性の転職と男性の転職.All rights reserved.