女性の転職と男性の転職

自分が仕事をする目的は何なのか、明確にすることで説得力が生まれてきます。ここでは目的を明確にする為のアドバイスをいくつか紹介してみました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

目的は明確に

転職をするのは、なにかの目的があっての事だと思います。
この目的を明確にしておかないと転職は上手くいきません。
目的は人によって違ってきます。
「スキルアップ」を目指す人もいます。
「給料アップ」も目的の一つです。
現在の役職より「上の役職につきたい」でも良いでしょう。
大事なことは、一貫性のある目的を持つことです。
そしてその目的の為に自分はどのような努力をしてきたか、また仕事に活用し、どのような成果を上げたかも説明出来るようにしましょう。
自分にとって「仕事」とはどのようなものなのかを分かっていないと、他の人を納得させることは出来ません。
自分が望んでいる職場とはどのようなものか、また自分の人生においての仕事とはどのようなものか。
最終的な職場として選んだ理由が明確になっていないといけません。
応募した企業が自分の人生の最終目的のステップであること、その期待を企業に抱いていることが伝わると良いでしょう。
自分が企業に抱いている期待については、具体的な内容で良いと思います。
社会貢献であったり、過去の業績からくるもの、また将来的な業務展開などが具体的で分かりやすのではないでしょうか。
また今勤めている企業のことを面接で聞かれることがありますが、マイナスのイメージになることは言わない方が良いでしょう。
その会社で学んだことや、経験に繋がったことなどを伝える方が良いと思います。
転職を考えるきっかけが良いことでなくても、勤めていればマイナスのことばかりではなかったはずです。
企業と働く人との関係は「人間関係」ととてもよく似ています。
お互いに良い点もあれば悪い点もあります。
お互いに悪い点ばかりを見つけるのではなく、良い点を見つけて伸ばしていくことが大切だと思います。
お互いの「目的」がハッキリしていると折り合いの付け方が違ってきます。
目的地が同じであれば、道順や方法は違っても分かりあえる部分が見えてきます。
目的が明確であれば、道に迷っても軌道修正が可能になります。
仕事をしていると、必ずといって良いほど迷う時が出てきます。
その時に自分の行動や考えを照らし合わせるものが、人には必要になってくるのです。
誰かに相談したり、話したりしても最終的には自分の考えや気持ちが一番大切ですから、自分の何の為に仕事をしているのかを見失わないようにすることが、一番大切なポイントではないでしょうか。
この点をしっかりと面接時などに伝えることが出来れば、真剣さも伝わるのではないかと思います。

注目の転職の参考になるネタはこのWEBサイトがイチオシです

Copyright (C)2017女性の転職と男性の転職.All rights reserved.