女性の転職と男性の転職

就職や転職の際に有利になる資格ですが、事前に準備できる資格と、入社してから取得する資格とがあります。ここでは簡単に紹介してみました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

持っていると有利な資格

資格を持っていると就職や転職の際に有利だとは分かっていても、実際にどのような資格が役に立つのか分かりません。
また企業が求めているのはどのような資格なのでしょうか。
実際の面接時に重視するのは、資格よりも実務経験だという面接官が多いようです。
いくら立派な資格があっても、実務経験がないようでは即戦力として期待が出来ないからのようです。
じっくりと社員を育てていく時間や余裕がある企業が少なくなっている、ということかもしれません。
実務経験が大切だとは分かっていても、経験ばかりで資格がないと、いくら「出来ます」といったところで説得力がありません。
ではどのような資格があると有利なのでしょうか。
これは職種で異なってきます。
医療関係では資格は必須です。
以前は4年制だった薬学なども6年制に変わり、資格の重要性が大きくクローズアップされてきています。
専門学校や大学などで資格取得の機会を学校側が用意していますので、是非在学中に取得しておくべきだと思います。
建築や土木関係も専門資格が必要なことが多く、資格があれば仕事のステップアップに繋がるようです。
取り扱い機器に関する資格や、薬品に関する資格、重機などの取り扱い資格もあります。
電気工事関係の資格もありますが、土木関係や建築関係の資格は入社してからの取得が多いようです。
資格を取り扱っている関係各所が、業務に従事している人を対象にしているものが多いからなのではないでしょうか。
港湾で働く人の為に、港湾の短期大学があります。
こちらでは必要な資格を取得出来るよう、学校からの指導があるようですからこのような短期大学も考慮すると良いかもしれません。
経理関係でしたら「日商簿記」は必要でしょう。
「日商簿記」は年間を通して比較的試験日も多く、受験しやすい資格です。
一般企業であれば「日商簿記2級」までを目指しましょう。
他に比較的オーソドックスなのですが、見逃しがちなのは「普通自動車運転免許」です。
事務関係でも必要になることがあります。
企業によっては得意先に書類を届けたり、また銀行関係に行くのに車で移動しないといけないような場所に企業がある場合、経理関係の人も自ら運転していることも少なくありません。
営業関係はもちろん、必要ではないでしょうか。
最近はレンタカーを利用している企業も多いので、マニュアル車の運転免許でなくても対応できるようです。
「普通自動車運転免許」は、免許取得が可能な年齢になったら早めに取得しておくと便利な資格です。
不動産関係でしたら「宅地建物取引主任者」という資格があると、営業にはとても役立ちます。
「宅地建物取引主任者」という資格は、入社してから取得する人が多い資格のようです。
就職、転職してから取得する方が良いものに関しては、機会があれば挑戦しておく方が良いですし、事前に準備できる資格は早目に取得しておく方が良いでしょう。

Copyright (C)2017女性の転職と男性の転職.All rights reserved.