女性の転職と男性の転職

男性の転職時期の一番大きな区切りは30代前半のような気がします。ここではなぜその時期に決断しないといけないのかを、簡単に説明します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

30代の転職

会社に毎日通って仕事をしていると、ふと思う時があります。
「このままでいいのかな」と。
1年や2年のうちに感じるのは、仕事が嫌だからというのが一番の理由のようですが、5年以上勤務していて思う時は、仕事の内容だけではなく将来的な不安などもあるからでしょう。
人生設計の見直しをするのに、男性と女性ではかなり状況が違ってきます。
男性の場合は30代半ばまでに決断しないと難しいかもしれません。
もちろん、独身と妻帯者とではまた条件が異なってきます。
独身者の場合、入社時には一人で生活できる収入を確保するというのが企業の責任です。
ですが妻帯者になると家族の生活も安定させなくてはいけない責任が企業には生まれてきます。
同じ年齢で、同じような学歴、職歴であってもこのような業務とは関係のないところで判断されてしまうこともあります。
理不尽なようにも思えますが、企業にとっては大事なポイントなので知っておきましょう。
せっかく雇用しても金銭的な問題で、短期間に辞めてしまう人もいますから生活の安定があってこその仕事、という考え方になるのだと思います。
実際に入社はしたものの、生活が厳しくて1年待たずに退職した、という人も少なくありませんでした。
転職ともなれば尚更です。
以前の企業に勤めている時より条件が悪くなったり、生活に支障が出るようでは転職の意味がありません。
年齢的には30代が大きなボーダーラインではないでしょうか。
40代に入ってしまうと求人の数が激減しますし、条件もあまり良いものを見つけるのは難しくなってきます。
好条件の求人があったとしても、競争率は大変高くなるでしょう。
良い求人を見つけた時はすぐにコンタクトを取るようにしましょう。
また職歴書なども興味を持って貰えるような内容に仕上げておきましょう。
職歴書はただ書けば良い、というものではありません。
これまでの自分の仕事内容を明記し、どれだけ有益な人材であるかをアピールするものです。
ただ書き並べるだけでは印象に残らないことが多いように思います。
応募先にとって必要な情報だけをピックアップして、それ以外の魅力を見い出す事ができないのです。
これは事前に履歴書や職務経歴書を送付していても変わりはないようです。
アピールしたい情報をいかに目に、記憶に残すかという事に注意すると良いと思います。
転職を考える時は何らかの理由があります。
今よりも充実した生活の為に決断は少しでも早い方が良いでしょう。
「今度」や「来年」に考えてみよう、と宿題を後回しにしていると自分でハードルを上げて行く事になりますので、転職が心をよぎった時は自分の心を良く見つめるようにしましょう。

Copyright (C)2017女性の転職と男性の転職.All rights reserved.